楽天市場

海外FX XMのスプレッド

海外FXのスプレッドは国内FXと比べて広い、

と言われることが多いですが、実際にどれくらいなのか比較してみます。



海外FXのXMTradingのUSD/JPYのスプレッドは、

公式HPの情報によれば、以下のようになってます。

最低価格変動:0.001
最低スプレッド:0.015
平均スプレッド:0.016
1ロットあたりの通貨量:10万ドル

これではわかりづらいので、わかりやすく表現すると、

平均スプレッドの0.016は、売りと買いの差が0.016円ある、

ということになります。





この差がスプレッドで、平均スプレッドだと、

1ロットあたり10万ドル×0.016=1600円のコストがかかる計算になります。

1万ドル(0.1ロット)の取引なら160円、

1,000ドル(0.01ロット)の取引なら16円、

という感じになります。





一方、国内FXのDMM FXの場合、

公式HPだと基準スプレッドはUSD/JPYだと0.2銭、

となってます。


これはXMtradingと比べると、

XMtradingが10万ドル取引するのに1,600円のスプレッドのところ

DMM FXだと10万ドル取引するのに200円のスプレッドとなり、

圧倒的に狭いスプレッドになります。




一見すると、単純に取引するだけのコストを考えると、

海外FXより国内FXの方が低コストでトレードできます。




しかし、個人的には国内FXの狭いスプレッドは何か相場の急変動がある場合、

すぐに広がってしまって逆指値にひっかからず、思わぬ損失が出る、

というのを国内FXで経験しているため、

万一の時も安心のゼロカットシステムや、

入金ボーナス、取引ボーナス等もある

海外FXをメインに使っています(・∀・)b