楽天市場

海外FX マイナス残高リセット

banktransfer.jpg


FXをやらない理由に

「FXは借金を背負うことになるから恐い」

という理由を挙げる人がいます。




そういう人にこそおすすめなのが海外FXです。



たしかに国内FX業者であれば、

相場の急激な変動により、

入金した金額以上のマイナスが発生する可能性がありますが、

XMTrading等の海外FXなら

「マイナス残高リセット」

という仕組みがあるため、

もし口座残高がマイナスになっても、

国内FXのように追証が発生することがありません。




自分が入金した金額以上の損失は発生しないため、

海外FXの魅力である1,000倍とかの超ハイレバレッジ取引でも

安心してトレードすることができます(*´∀`*)

海外FX 確定申告 やり方

海外FXで一定額以上の利益が出たら、

確定申告をする必要があります。




一定額とは、会社員なら年間20万円以上、

給与所得がない人は年間38万円以上の所得が発生した場合になります。




ちなみに、海外FXの確定申告のやり方としては、

所得税の所得の種類は「雑所得」で確定申告することになります。




なお、国内FXの利益は申告分離課税となり、

海外FXの雑所得とは違うので、国内FXのやり方で

海外FXの確定申告はできないので注意が必要です。


XM 出金ルール

25420641_s.jpg

XMの取引口座からの出金については、いくつか出金ルールが設けられています。

出金ルールは大きく2つあり、1つ目は出金にあたり、

入金した際と同じ方法での出金になる、というルールです。





たとえば、銀行振り込みで入金した場合には銀行振込での出金、

クレジットカードで入金した場合はクレジットカードでの出金(返金)になる、

という具合です。




2つ目のルールは、出金方法の優先順位です。

優先度高い順に並べると、

クレジットカード>オンラインウォレット(bitwalletとか)>国内銀行送金

となります。



たとえば、クレジットカードで1万円、銀行振込で1万円入金してトレードを行い、

3万円の利益が出たとします。




この場合、口座残高には入金した2万円+3万円で計5万円あるので、

5万円出金しようとしたら、まずクレジットカードで1万円出金、

残り4万円を国内銀行送金で出金する形になります。




まずは出金優先順位が高いクレジットカードで入金した金額分まで出金されるまでは

クレジットカードへの出金が優先されます。




極端な話、クレジットカードで100万円入金したら、

クレジットカードへの出金額が100万円になるまでは、

クレジットカードへの出金しかできません。

XM 出金方法

doruyen.jpg

XMの取引口座からの出金方法は2023年1月現在は以下の5種類になります。


・国内銀行送金
・クレジットカード/デビットカード(VISA)
・bitwallet(ビットウォレット)
・STICPAY(スティックペイ)
・BXONE(ビーエックスワン)


出金するための手数料は無料ですが、一定条件を満たさない場合、

出金手数料がかかるので注意が必要です。




たとえば、国内銀行送金を利用する場合、

出金額が40万円未満の場合は、

2,500円の手数料が顧客負担になるので、

小額での出金はやらない方が賢明です。




なお、銀行送金の場合、申請してから自分の銀行口座に振り込まれるまで、

2~5営業日かかるので、急に資金が必要、とかの場合は

出金に時間がかかることを認識しておかないと慌てることになるので

注意しておいた方が良いです。

XM クレジットカード入金できない

XMの取引口座への入金で便利なクレジットカード入金。

・・・ですが、クレジットカード入金ができないケースがいろいろあります。




そのうちの1つに

「対応していないクレジットカードで入金しようとしている」

というケースがあります。




XM口座への入金はVISAブランドがついているクレジットカードになるのですが、

VISAブランドのクレジットカードであっても、

「入金リクエスト失敗」

となり、入金できないことがあります。




これは、カード発行会社が海外FX業者への入金を禁止している場合に起こるエラーで、

VISAブランドがついているクレジットカードを使っているのに入金リクエスト失敗する場合は、

カード発行会社に海外FX業者への入金に対応しているかどうか確認するしかないです。




もし複数のVISAブランドのクレジットカードをお持ちでしたら、カードを変えて試してみる、

というのも1つの手段です。